リボ払いで過払金は発生する?返済の負担を軽減する方法を紹介します

リボ払い 過払い金

リボ払いにも過払い金は発生するのでしょうか?

2010年以前のリボ払いなら発生している可能性はありますが、現行のリボ払いには原則として過払金はありません。また、2010年以前でも、請求するにはいくつかの条件があります。

そうなんですね。過払金請求ができれば、返済に充てて支払いが楽になるかと期待したのですが・・・。

過払金以外にも、借り換えや任意整理など、別の方法でリボ払いの返済負担を軽減することは可能です。返済が苦しいのであれば、まずは弁護士・司法書士に相談してみるとよいでしょう。

リボ払いとは、支払い方式が毎月定額の返済方式です。リボ払いは元金がなかなか減らず、利息ばかり支払っているという人も少なくありません。

そこで、利息を取り戻す「過払金請求」を検討する人も多いでしょう。過払金が認められれば、払いすぎた利息を返還してもらい、元金の返済に充当できます。

しかし、過払金請求には条件があり、現行のリボ払いでは原則として過払金は発生しません。

過払金請求の条件を満たせない場合は、繰り上げ返済や任意整理など、別の方法でリボ払いの返済負担を軽減しましょう。

弁護士や司法書士に相談すれば、個々の支払い状況に合わせて軽減方法を提案できます。過払金請求が可能かどうかも含めて適切なアドバイスをもらえるので、気軽に相談してみましょう。

→【任意整理で利息カット】弁護士・司法書士への無料相談はこちら!

この記事でわかること
  • 過払金請求ができるのは「グレーゾーン金利での借入」のみ。
  • クレジットカードのショッピング枠では過払金は発生しない。
  • 過払金請求ができなくても「任意整理」など別の方法で借金を減額できる。

リボ払いで過払金が発生するには条件がある

過払金請求とは、支払い過ぎた利息を取り返すための手続きです。より具体的には、法律で定められた金利以上の利息を支払っている場合、過払金請求ができます。

逆にいえば、どれだけ利息を支払っていても、それが法定金利であれば、過払金は発生しません。

また、利用枠や時効など、金利以外にもいくつか条件があります。リボ払いでも一律で過払金を請求できるわけでないので注意しましょう。

現在のリボ払いの手数料は過払金の対象外

一般的に「過払金請求」と言った場合、かつて存在したグレーゾーン金利の利息を取り返すことを指します。

ワンポイント解説

グレーゾーン金利とは?
利息制限法と出資法の上限金利が異なることで発生した金利帯。
利息制限法では、金利上限を貸し付ける金額に応じて年15~20%としていますが、刑事罰を定める出資法では、かつて上限金利を年29.2%と設定していました。
そのため、利息制限法の上限を超えても実際に罰せられるのは29.2%超からなので、多くの貸金業者がグレーゾーン金利で貸付をおこなっていました。

現在、2010年6月の法改正により、出資法の上限金利は利息制限法と同じ水準の20%に引き下げられているため、グレーゾーン金利は発生しません。

つまり、法改正以降のリボ払いは、どれだけ利息が高くても過払金はできないのです。

ただし、過払金請求以外にも返済負担を軽減する方法はあります。グレーゾーン金利の対象ではなくても、他の方法でリボ払いの減額・帳消しをおこないましょう。

過払金以外の返済負担軽減方法はこちら

グレーゾーン金利から適正金利への切り替え時期は2006年~2010年

グレーゾーン金利は法改正によってなくなりましたが、実際の切り替え時期は借入先によって異なります。

改正法の成立が2006年、施行が2010年とタイムラグがあるため、多くの貸金業者は施行前に改正法に則った金利へ引き下げたのです。

例えば、大手消費者金融の金利引き下げ時期は次のようになります。

主な消費者金融と金利の引き下げ時期
消費者金融 金利引き下げ時期
アコム 2007年6月18日
アイフル 2007年8月1日
レイク 2007年12月2日
プロミス 2007年12月19日
SMBCモビット なし(グレーゾーン金利だった時期がない)

上記のように、借入先によって過払金が発生する契約時期は異なると覚えておきましょう。

ちなみに、グレーゾーン金利を設定していたのは、消費者金融やカード会社などです。銀行に関しては昔から法定金利を設定していたので、過払金は発生しません。

リボ払いで過払金請求できる条件

リボ払いで過払金請求ができる条件をまとめると、次の5つがあげられます。

  • グレーゾーン金利で借りていること
  • キャッシングによるリボ払いであること
  • 完済から10年経過で消滅時効が成立していないこと
  • 借入先が倒産していないこと
  • 過去に「ゼロ和解」をしていないこと

グレーゾーン金利以外にも、利用枠の種類や時効によって請求できない場合があります。

各条件を詳しく見ていきましょう。

条件1.グレーゾーン金利で借りていること

すでに解説した通り、過払金請求は「借り入れたときの金利がグレーゾーン金利」であることが最低限の条件です。

金利は契約時に決まるので、契約した日(借り入れた日)に金利がグレーゾーン金利であれば、過払金が発生します。

借り入れたときの金利がグレーゾーン金利だったかどうか調べるには、金銭消費貸借契約書を確認するのが確実です。

金銭消費貸借契約書が手元になく、借入時期もあいまいな場合は、弁護士や司法書士に相談しましょう。借入先に「取引履歴開示請求」をおこない、借入時期や支払った利息を確認してもらえます。

→【過払金があるかチェック!】借金問題の解決に力を入れる弁護士・司法書士はこちら!

条件2.キャッシングによるリボ払いであること

リボ払いは、お金を直接借りる「キャッシング枠」と、クレジットカードで買い物をしたときの「ショッピング枠」の2種類があります。

先に解説した「利息制限法」や「出資法」はキャッシング枠についての制限であり、ショッピング枠については対象となりません。

そのため、ショッピング枠の場合、リボ払いによる過払金は発生しないのです。

消費者金融からの借入や、クレジットカードのキャッシングによるリボ払いは過払金請求の対象となりますが、クレジットカードで買い物をしたときのリボ払いは、過払金請求をできません。

条件3.完済から10年経過で消滅時効が成立していないこと

過払金が発生していても、時効が成立することで請求する権利がなくなる恐れがあります。

過払金請求の時効は、完済日から10年間(もしくは請求できると知った日から5年間)で消滅します。

債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。
1 債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき。
2 権利を行使することができる時から10年間行使しないとき。

引用元:e-Govポータル「民法第166条」

※過払い金請求における「権利を行使することができる時」については、取引が終了したとき、つまり「借金を完済したとき」からと、2007年の最高裁判決で判断されています。

例えば、2010年1月30日に完済した人は、2020年1月30日の時点で時効が成立していることになります。

条件4.借入先が倒産していないこと

仮に過払金請求の権利があっても、借入先が倒産していると、請求はできなくなります。請求先となる会社が消滅しているため、請求しようがないのです。

ただし、他社に金融事業を譲渡していたり、会社ごと吸収・合併されている場合は、引き継ぎ先の会社に請求できる場合があります。

例えば、下記の会社はすでに消滅していますが、他社が過払金請求について引き継いでいます。

過去に存在した会社と過払金請求の引き継ぎ先(2022年時点)
過去に存在した会社 過払金請求の引き継ぎ先
楽天KCカード ワイジェイカード株式会社
コーエークレジット レイク
ポケットバンク
クラヴィス
プロミス

自分の借入が完全に請求できなくなっているのか、別の会社に請求できるのか不明な場合は、弁護士や司法書士に聞いてみるとよいでしょう。

→【過払金があるかチェック!】借金問題の解決に力を入れる弁護士・司法書士はこちら!

条件5.過去に「ゼロ和解」をしていないこと

ゼロ和解とは、債権者と債務者で「これ以上の返済は不要なので借金はなかった」という合意をおこなうことです。

返済が滞っているときなどに、債権者からゼロ和解を提案してくるケースがあります。

一見すると債務者側に有利な合意ですが、実際はこれまでの返済で元金以上を支払っているうえに、大抵は多額の利息で過払金が発生しています。

つまり、ゼロ和解とは債権者が過払金請求を回避するための方便であるケースが大半なのです。

過去にゼロ和解をしていると、そもそも借金はなかったとみなされるため、過払金請求はできなくなってしまいます。

リボ払いの返済が苦しい!過払金請求以外の対処法3つ

過払金請求の条件を満たせない場合、別の方法でリボ払いの負担を軽減することが可能です。

例えば、下記の方法で月々の返済額を減らしたり、将来の利息をカットすることが可能です。

  • 一括返済や繰り上げ返済をおこなう
  • 低金利のローンに借り換える
  • 任意整理で利息をカットする

それぞれの方法をシミュレーションと一緒に解説するので、状況に合わせて選んでみましょう。

一括返済や繰り上げ返済をおこなう

リボ払いの特徴は、月々の返済額における利息の割合が多く、元金がなかなか減らないことにあります。元金が減らなければ借入期間も長くなり、それだけ利息総額も増えてしまうのです。

そのため、一括返済や繰り上げ返済で元金を減らして、借入期間を短縮することが返済俯瞰の軽減につながります。

ボーナス月だけ5万円多く返済したり、臨時収入が入ったときに優先して繰り上げ返済に充てるなど、余裕があるときだけ繰り上げ返済するだけでも、利息総額は確実に減っていきます。

繰り上げ返済したときのシミュレーション

繰り上げ返済するとどれだけ負担を軽減できるか見ていきましょう。

例えば、

  • リボ払い利用額が50万円(年利18%)
  • 1年後に30万円を臨時返済

とした場合のシミュレーションは、下記の通りです。

借金50万円(年利18%)の借入で臨時返済をした場合
臨時返済しない場合 臨時返済する場合
臨時返済(時期と金額) 借入1年後に30万円
支払い回数 4年2ヶ月 2年9ヶ月
支払い総額 697,827円 627,264円

※利息は日割り計算なので、支払い日によって若干の変動あり

上記の表からわかる通り、臨時返済によって7万円ほど支払い総額を減らせることがわかります。

低金利のローンに借り換える

一括返済や繰り上げ返済がむずかしければ、金利の低い別のローンへ借り換えるのもおすすめです。

例えば、いまのリボ払いが消費者金融によるものなら、金利の低い銀行ローンに借り換えるだけでも、月々の返済額や利息総額を減らせる可能性があります。

また、複数の貸金業者でリボ払いをしている「多重債務」状態であれば、おまとめローンに借り換えることも検討しましょう。

おまとめローンを利用することで、金利の低いローンへ借り換えるだけでなく、返済を一元化して管理しやすくなるという効果も期待できます。

借り換え・おまとめの候補としては、次のローンがあげられます。

低金利ローンに借り換えたときのシミュレーション

実際に、低金利ローンへ借り換えた場合のシミュレーションをしてみましょう。

例えば、

  • リボ払い残高が50万円、年利は年15%
  • 元金を月々1万円ずつ返済
  • 年12%のローンに借り換え

とした場合、現状維持と借り換えを比較すると、下記の通りです。

低金利ローンに借り換えた場合
リボ払い 借り換え後
支払い回数 79回 70回
利息総額 290,019円 196,886円

※元利定額方式で計算

シミュレーションだと、支払い回数は9回分短縮され、利息も10万円近く減額することが可能です。

任意整理で利息をカットする

任意整理とは、債権者と交渉して将来の利息をカットする手続きです。

利息がかからなくなるので返済総額が減りますし、残った元金は3~5年かけた無理のない返済スケジュールを立てるので、リボ払いの返済負担を軽減できます。

ただし、デメリットとして5年ほど信用情報にキズがつき、新規の借入やクレジットカードの利用ができなくなるので注意しましょう。

デメリットも考慮する必要はありますが、リボ払いを滞納する事態になると結局は信用情報にキズがついてしまうので、早めに任意整理をおこなったほうがよいケースもあります。

とくに、下記の状態にあてはまる人は、任意整理で一刻も早く生活再建を目指したほうがよいでしょう。

  • リボ払いの支払い残高が年収の1/3を超えている
  • キャッシング枠やショッピング枠が上限いっぱいになった
  • リボ払いでの借入や買い物がクセになっている
  • リボ払いの返済で生活費が圧迫されている

任意整理をしたときのシミュレーション

任意整理をした場合のシミュレーションを見ていきましょう。

例えば、リボ払い残高が50万円のときに5年返済の計画で任意整理をすると、次のようになります。

任意整理を行った場合
リボ払いでそのまま返済 任意整理後(5年で返済)
金利 15% 0(将来利息はカットされる)
月々の返済額 1万円 8,416円
返済回数 70回 60回
発生する利息 290,019円 0円

※元利定額方式で計算

任意整理によって、利息も月ごとの返済額も減らすことができました。

当サイトでは借金減額チェッカーを用意しているので、自分の場合はどれくらい借金を減らせるか調べたいときは、ぜひ活用してください。

まとめ

リボ払いは返済額に対する利息の割合が大きく、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

しかし、どれだけ利息を支払っていても、法律で定められた年間の金利を超えなけらば問題にならず、過払金請求もできません。

過払金請求の条件を満たせない場合は、別の方法で返済負担を軽減しましょう。

とくに、将来の利息をカットする「債務整理」は月々の返済額を抑え、返済総額も減らすことが可能です。

弁護士や司法書士に相談すれば、債務整理も含めた「リボ払いの適切な対処」をアドバイスしてもらえます。まずは無料相談で、気軽にいまの悩みを話してみましょう。

リボ払いの過払金についてよくある質問

過払い金請求とはなんですか?

過去に「法律の上限を超えた利息(グレーゾーン金利)」を取っていた貸金業者に対して、支払い過ぎた利息を返還してもらう手続きです。

リボ払いでも過払い金は発生しますか?

はい、リボ払いも過払い金が発生している可能性があります。ただし、利用枠や利用時期など、請求にはいくつかの条件があります。

リボ払いの過払い金請求にはどのような条件がありますか?

キャッシングでのリボ払いであること(クレジットカードのショッピング枠は対象外)や、完済から10年以上を経過していないことなどがあげられます。

過払金請求以外に、借金を減額する方法はありませんか?

将来分の利息をカットする「任意整理」をおこなえば、月々の返済額を抑えて支払い総額を減らすことが可能です。

任意整理はどこに相談すればよいですか?

借金問題を積極的に取り扱っている弁護士や司法書士に相談しましょう。当サイトでも、相談無料で任意整理に対応している弁護士・司法書士を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。→【任意整理で将来利息をカット!】借金問題に強い弁護士・司法書士こちら

過払金の関連記事