アイフルに遅延損害金を免除させる方法とは?「優遇処置」通知への対応策も解説

アイフルからの借金を滞納しています。遅延損害金だけでもカットしてもらうよう自分で交渉したら、受け入れてくれるでしょうか?

滞納した本人が交渉しても、遅延損害金の免除は難しいでしょう。アイフルには遅延損害金を満額請求する権利がありますし、もしも裁判になったとしても、遅延損害金を加算した満額の支払い命令をとれるからです。

確実に遅延損害金の免除を受けたいなら、弁護士などに任意整理を依頼しましょう。

弁護士に相談なんてそんなに大げさにしたくありません。任意整理を依頼したら、ブラックリストに載ってしまうと聞きますし・・・。

弁護士や司法書士は、今はネットで選んで無料で相談を受けられる、身近な存在です。それに、延滞を繰り返して遅延損害金が大きくなっているなら、おそらく既にブラックリストに載っている状態でしょう。

債務整理を受けてくれる法律事務所をネットで比較し、試しに一度、無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

アイフルに遅延損害金を免除してもらうことはかなり難しいですが、弁護士や司法書士を通し任意整理を行えば可能性はゼロではありません。

任意整理とは、将来利息をカットし返済計画を立て直す交渉手続きですが、交渉内容によっては遅延損害金もカットしてもらえる事例もあります。

この記事では、アイフルに対する遅延損害金を免除してもらう手段として任意整理を選ぶべき理由を、具体的な数字を例にあげて解説します。具体的にいくら債務が軽減されるかの例を知ることで、任意整理をするメリットをよりリアルに感じていただけるでしょう。

また、ネット上で話題になっている、アイフルからの「優遇処置のご案内」通知への対処法についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>アイフルの遅延損害金を免除したいなら!気軽に相談できる専門家はこちら【初回相談無料】

この記事でわかること
  • 債務者自身がアイフルと交渉して遅延損害金の免除を受けることは難しいこと
  • アイフルは債務整理であれば柔軟に交渉してくれる可能性がある
  • アイフルからの「優遇処置のご案内」通知は、時効の更新を狙っている可能性もある
  • 遅延損害金免除や時効援用の交渉は弁護士や司法書士に依頼するのがベスト

アイフルの遅延損害金を免除してもらうには?

前提として、アイフルから遅延損害金を免除してもらうのは難しいといわざるをえません。

ただし、任意整理を行うことで遅延損害金がカットできる可能性はわずかながらあります。

任意整理がひとつ有効な方法となる

何とかしてアイフルに遅延損害金免除を認めてもらおうと思ったら、「任意整理」が最も有効な方法です。

弁護士や司法書士に依頼するというと、二の足を踏んでしまうかもしれません。しかし、一人でアイフルと交渉し、遅延損害金免除を認めてもらうのは難しいでしょう。

今はネットから簡単に専門家に質問したり、予約を入れたりすることができます。特に債務整理に力を入れている事務所では、無料での法律相談も受け付けています。

アイフルの任意整理での和解傾向

債務者本人からの遅延損害金免除交渉は難しくても、弁護士や司法書士などが任意整理の交渉をした場合、アイフルはどのような対応をみせるのでしょうか。

アイフルは任意整理には応じてくれる

アイフルは自分で交渉しても遅延損害金免除には応じてくれませんが、弁護士や司法書士が交渉すれば、比較的柔軟に応じてくれる会社です。

実際にアイフルと交渉した弁護士や司法書士の情報によると、アイフルと任意整理の交渉をすると、遅延損害金・経過利息、将来利息の免除にも柔軟に対応してくれるようです。

ただし、年々交渉条件が厳しくなっているという情報もあります。

アイフルは、債務整理手続きを進める場合、交渉は比較的スムーズな会社でしたが、近年日に日にあなたが借入れをしている会社は債務整理(任意整理)が可能な会社ですか?川口の弁護士が解説します!交渉条件が厳しくなっています。

5年未満の取引しかない場合、5年60回の分割和解ですら応じてもらえないケースもあります。最長でも4年48回以内でしか応じないと言われるケースも増えていて、1年未満のいわゆる借りパクに近い取引しかない場合は、将来利息のカットすらできなくなっています。

引用元:アイフルの債務整理方法|中野債務整理手続きセンター

債務整理協力度
アイフルは、2018年頃に方針が変わり将来利息のカットを認めない場合や分割払いができない場合があります。
もっとも、そうはいってもほとんどの場合に将来利息をカットしてくれたり、分割払いができているというのが当事務所の感覚となります。
よって、アイフルは、比較的債務整理に協力的であるといえます。

引用元:あなたが借入れをしている会社は債務整理(任意整理)が可能な会社ですか?|大野法律事務所(債務整理)

債務整理(任意整理)に関しては、現在のところ協力的な対応をしてもらえますが、他の大手消費者金融会社と比べると、条件的にやや厳しい提案をされることがあります。任意整理を行った場合には和解日(返済の見直しについての合意ができた日)までの利息をつけて和解することが多く、それ以後の利息をカットすることは問題なく可能です。

引用元:アイフルの任意整理対応 – 茨城つくば債務整理の相談窓口

アイフルが任意整理に応じないケース

比較的任意整理に協力的なアイフルでも、債務者によっては厳しい対応をとるようです。アイフルが厳しい対応をとる債務者には、以下のような傾向があります。

  • アイフルとの取引期間が短い人
  • 最後の取引が借り入れで終わっている人

アイフルとの取引が短いと、アイフル側では利息による利益回収が十分にできません。そのうえ、取引があまりに短く、取引開始してすぐに任意整理を開始した場合には、そもそも返済できないのがわかっていて借り入れを始めたことを疑われる可能性もあります。

また、最後の取引が借り入れで終わっている場合も、返済できないのが分かっていて借りられるだけ借りて弁護士のところに逃げたと思われるかもしれません。

アイフルに不誠実な態度をとった顧客と判断された場合、任意整理でも厳しい条件を提示される可能性があります。

自力交渉で遅延損害金カットは難しい

アイフルと自力で遅延損害金免除の交渉をすることは難しいでしょう。

遅延損害金は、法律で認められた滞納に対するペナルティです。アイフルには滞納に対して高利率の遅延損害金を付して請求する権利があり、あなたには請求金額を支払う法的な義務があります。

アイフル自身もホームページ上で、以下のことを警告しています。

  • 遅延損害金は利息より高い利率であること
  • 返済を怠ると遅延損害金を付した金額で法的手続きをとること
  • カードローンでは給料を差し押さえること

参考:アイフル公式ホームページ

アイフルの遅延損害金が払えないとどうなる?

アイフルの遅延損害金が支払えないと、

  1. 遅延損害金の加算
  2. 一括請求を受ける
  3. 訴訟手続き

という流れで、最終的には給料などの財産差し押さえを受けることになります。手続きが進む間も督促通知や電話連絡も続き、精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

借金額が増えていく

まず、遅延損害金が加算され、借金額はどんどん増えていきます。

遅延損害金は滞納に対するペナルティの意味を持つため、利息よりも高い金利で設定されています。

アイフルの遅延損害金は、返済が遅れた金額に対して20%の割合で課せられます。

アイフル公式ホームページ|無担保/契約締結/商品内容

【遅延損害金のイメージ】
●50万円を1年間滞納 遅延損害金20%
債務額合計:60万円 うち遅延損害金:10万円

●50万円を2年間滞納 遅延損害金20% 
債務額合計:79万9,844円 うち遅延損害金:19万9,844円

遅延損害金20%といわれてもイメージがつかないかもしれませんが、上記のように50万円を借りて1年間滞納すると10万円、2年間だと約20万円もの金額が遅延損害金として加算されることになります。

アイフルから一括請求される

滞納に対して何も有効な手段を講じることができなかった場合、アイフルから残額を一括請求されます。

請求を受ける金額は、遅延損害金を含めた残額全額です。

この時には既に滞納が金融事故として信用情報機関に登録されています。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載ることで、現在使用中のクレジットカードが強制解約される可能性があります。
 

アイフルから訴訟提起・差し押さえされる

それでも支払いができなければ、アイフルから訴訟提起もしくは支払督促を申し立てられます。

債務が数万円、十数万円程度なら、わざわざ訴訟提起までしないだろうと思うでしょうか?
しかし、債権回収の裁判手続きは、簡便になっています。

訴訟提起の半額の手数料で、しかもオンラインで申立ができる「支払督促」という手続きは、債権者が少額の債権を回収するために、非常に便利な制度です。

しかも、支払督促で得られる決定は、通常の判決と同じ効果があります。

アイフルからの督促状は無視しても、裁判所からの通知は絶対に無視してはいけません。

訴訟や支払督促も放置していると、相手の言い分をすべて認めた判決(決定)が出てしまいます。遅延損害金を含んだ全額を支払うよう命じる判決です。

アイフルはその判決をもって強制執行を申立て、あなたの給料や銀行口座などの財産を差し押さえて、強制的に貸付金を回収することができます。

アイフルからの「優遇処置のご案内」が届いたときの対処法

アイフルの借金を長期滞納していると、「優遇処置のご案内」という通知が届くことがあります。一見、特別に緩い条件で和解を認める提案のように思えます。

しかし、この通知には、裁判手続きをすることなく時効を更新しようとするアイフル側の意図が指摘されています。

アイフルから遅延損害金免除の通知が届いたらすべき3つのこと

アイフルから優遇処置のご案内が届いたら、まずは焦らず、通知の内容をしっかり確認しましょう。

確認すべきことは、「約定弁済期日」です。

①「約定弁済期日」の日付から5年以上経っていないか確認する

約定弁済期日はいつになっていますか?最後に返済した日から、5年以上経過していませんか?

債務名義をとられておらず、約定弁済期日から5年以上経過している場合、借金が時効をむかえている可能性があります。その場合「時効援用」をすることで、返済義務を免れることができます。

時効になった債務を請求してくるのはおかしい、と思うかもしれません。しかし、「時効を援用する」ことを相手に伝えなければ返済義務は残っているため、請求書を送ってくるのです。

②時効を更新する理由がなかったか確認する

最終取引日から5年以上を経過していたとしても、すぐに時効援用できるわけではありません。5年間のうちに、時効を更新する理由が発生していなかったか確認しましょう。

以下のようなことがあった場合、時効が更新されている可能性があるため、時効援用はできません。

  • 相手から裁判所を関与させた請求を起こされたことがある(訴訟または支払督促など)
  • 一部でも5年以内に支払ったことがある
  • 返済する意思を伝えたことがある

③弁護士などに債務整理を依頼する

アイフルから『優遇処置のご案内』通知が届いたら、自己判断はせず、早急に弁護士などに相談してください。

時効援用は複雑な法的判断が必要です。自分では時効になっているはずだと思っても、何らかの理由で時効が妨げられている可能性もあります。

時効の判断は専門家に任せましょう。

アイフルから届いた通知に対してやってはいけない3つのこと

アイフルへの借金が既に時効を迎えている場合、アイフルが『優遇処置のご案内』を送ってくる目的は、「時効の更新」の可能性があります。

  • 一部でも支払いをさせて時効を更新させること
  • 慌てて連絡してきたときに、「債務の承認」に誘導して時効を更新させること

相手は債権回収のプロフェッショナルでもあります。決して自分からコンタクトを取りにいかないことが大切です。

①アイフルに電話すること

期限を恐れて自分から電話しないようにしましょう。

時効になっていたとしても、電話をすることで支払い意思があることを伝えてしまうと時効が更新されてしまいます。

時効援用を伝えるために連絡したとしても、逆に時効の更新となる行為に誘導されてしまうこともあります。

②放置する

「遅延損害金を免除されても、どうせ一括では支払えない」

と、通知を放置するのもやめましょう。

時効期間が経過していなかった場合、連絡しないことで訴訟提起や差し押さえなどの法的手続きに移る可能性があります。

判決をとられてしまえば、結局遅延損害金も免除はされません。

③自分で時効援用しようとする

時効援用を自分でアイフルに通知するのはやめましょう。

時効援用は複雑な法律判断が必要です。難しい法的判断は、必ず専門家である弁護士や司法書士に相談してください。

アイフルとの交渉を弁護士に依頼するメリット

アイフルと対等に交渉するためには、弁護士や司法書士に依頼しましょう。

専門家に任意整理を依頼することには、大きなメリットがあります。

アイフルからの取り立てが止まる

弁護士などが依頼を受けると、アイフルからの直接請求を止めることができます。

アイフルはあなたに直接請求することができなくなり、以後は事務的な通知も含め、すべて弁護士を通して連絡が届くようになります。

アイフルから届く仰々しい督促通知や電話が長期にわたって続けば、大きなストレスを抱えてしまうでしょう。

弁護士などに債務整理を依頼し、アイフルからの直接連絡を絶つことで、精神的に安定して返済方法の検討をすることができます。
 

遅延損害金や将来利息の免除が可能

アイフルは任意整理には柔軟に対応してくれる会社です。

年々交渉条件が厳しくなりつつあるといっても、弁護士などが交渉すれば、遅延損害金、経過利息、将来利息をカットした内容で和解をしてもらうこともできます。

将来利息0%は、今後3年から5年間の分割返済を続ける場合、大幅な減額となります。

50万円を3年間で返済する場合、任意整理をせずに支払い続けると、利息は18%です。任意整理で将来利息0%で和解できた場合と比べると、利息分は15万円以上となります。

【50万円を3年間(36回払い)で分割返済した場合】
任意整理の有無 毎月返済額 返済総額 (うち利息)
任意整理しない場合 18,076円 650,736円 150,736円
任意整理した場合 13,888円 500,000円 0円

安全に時効援用ができる

アイフルからの『優遇処置のご案内』が届いても、専門家の法的判断のもとに正しく時効を援用することができます。

プロに任せることで、時効援用しようとして逆に更新に誘導されてしまうリスクがなくなります。

まとめ

アイフルに遅延損害金を免除してもらうなら、弁護士や司法書士に任意整理を依頼することが最も確実な方法です。

アイフルは弁護士などが交渉すれば柔軟に対応してくれるという情報もあり、遅延損害金だけでなく、経過利息、将来利息の免除にも協力してくれる可能性があります。

仮に50万円を1年間滞納して弁護士に任意整理を依頼した場合、

  • 遅延損害金10万円分
  • 3年間の将来利息約15万円

合計25万円程度の免除も期待できるのです。

弁護士や司法書士に縁がなく、どこに連絡していいかわからないなら、ネット上の比較サイトが便利です。債務整理に実績があり債務者救済に力を入れている事務所は、無料法律相談を実施している傾向が強いです。

まずはネットから、無料相談を申し込んでみましょう。

アイフルの遅延損害金免除に関するQ&A

アイフルの遅延損害金を免除してもらうにはどうしたらいいですか?

債務者が自らが交渉しても遅延損害金免除は難しいでしょう。

遅延損害金は延滞に対するペナルティとしての意味もあり、アイフルには延滞分の遅延損害金を領収する権利があるからです。

ただ、アイフルは任意整理の交渉には比較的柔軟に対応してくれるという情報があります。弁護士などに任意整理を依頼し、アイフルと交渉してもらうことがベストな選択肢でしょう。

ただし、アイフルも年々対応が厳しくなっているらしく、遅延損害金、経過利息、将来利息のすべてを減額して60回の分割弁済、というわけにはいかなくなる可能性もあります。

特に経過利息に厳しいという情報もあるため、弁護士が受任したらなるべく早い段階で和解する必要があります。

そのために、家計簿をつけるなどして自分が毎月いくらなら返済に回せるのかをあらかじめ把握しておくといいでしょう。

アイフルの遅延損害金は何%ですか?

アイフルの遅延損害金は20%です。消費者金融業者はなので元々の利息が18%程度と高いため、遅延損害金の利率の高さがわかりにくいかもしれません。

しかし、たとえば50万円を1年間滞納した場合遅延損害金は10万円になり、2年滞納すればおよそ20万円になります。

滞納が長くなると遅延損害金もかさみ続けるため、早期に任意整理などで解決する必要があります。

アイフルから「優遇処置のご案内」という通知が届きました。これによると、今月中なら遅延損害金を免除してくれるそうなのですが、連絡してもよいでしょうか?

アイフルの「優遇処置のご案内」通知は、借金を長期滞納している方宛てに届くことが多いようです。

中にはすでに時効期間が経過している債務もあります。債務者が知らずに連絡してきたところに債務承認をさせて時効を更新することが狙いかもしれません。

自分で連絡する前に、必ず弁護士や司法書士などの専門家に依頼してください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…