レイクから一括請求がきた!分割返済に戻す方法と強制執行回避の方法は?

レイク 一括請求

レイクから一括請求をされてしまったのですが、とても一括での返済は無理です。今さら分割払いに変更してもらえるのでしょうか?どうしたら良いのでしょうか?

レイクから一括請求が届いているということは、期限の利益を喪失している結果です。原則、一括返済しか認められていないので、レイクへ相談して分割払いに変更してもらうのは難しいでしょう。

では、残された選択肢は一括返済だけなのでしょうか?自分が悪いのは百も承知ですが、一括返済は無理です・・・。このまま放置しても危険ですよね?

一括請求はレイクからの最終通告です。このまま放置していれば、強制執行等の手続きに移行されます。どうしても返済が難しいなら、債務整理で分割返済の交渉をするか、自己破産で支払い義務を免責(免除してもらうこと)したりすることを検討してください。

レイクから借金の一括請求をされ、お困りではありませんか?

レイクから届いた一括請求は、言ってしまえば最終通告のようなもので、「このまま返済してもらえなければ法的手続き(給料や財産の差押え)に移行します」という意思の現れです。

とはいえ、今まで毎月の返済さえできなかったのにも関わらず、「一括返済なんてとてもじゃないが無理」という方も多いでしょう。

レイクの一括請求に対し、どうしても返済できないというのであれば、債務整理を行うタイミングに来ています。債務整理を行えば、強制執行を回避できる上、月々の返済額を減らすような返済計画を新しく立て直せます。

このまま放置していると、訴訟の提起や強制執行が行われる可能性は高いですので、できるだけ早めに弁護士等の専門家へ債務整理手続きの依頼をしましょう。

なお、債務整理によりどれだけ借金が減らせるかは「借金減額シミュレーター」で簡単に診断できます。希望があれば、弁護士に一括請求への正しい対処法についてもアドバイスをもらえますので、お気軽にご利用ください。

\ 無料診断!簡単3クリック!/

→【債務整理で一括請求を分割払いへ】弁護士への無料相談はこちら!

この記事でわかること
  • レイクからの一括請求は、期限の利益の喪失によるもの。一括請求された時点で原則一括返済のみ。レイクに相談したところで分割払いを認めてもらえる可能性は極めて低い
  • レイクからの一括請求を支払えずにいると、遅延損害金の上乗せ請求、強制執行(財産の差し押さえ)は避けられない。放置すればするほど現状は悪化する一方なので早めの対応が必要不可欠
  • 「一括返済が難しいから」と言って放置したり新たに借金をしたりするのは絶対にNG!任意整理・個人再生で分割払いが可能になり、自己破産で借金を0にできる。今すぐ弁護士へ相談を

レイクからの一括請求には必ず一括で支払わなければならないのか?

結論、レイクからの一括請求に対しては原則一括返済しか認められません。

ただし、債務整理手続きの一種である「任意整理」を行えば分割払いに戻すことは可能です。

まずはこの点について詳しく解説します。

原則的には一括払いに応じなければならない

レイクからの一括請求には、原則一括返済しか認められません。

そもそも、レイクが残債の一括請求をするのは、あなたが期限の利益を喪失したからです。

ワンポイント解説
期限の利益喪失とは?

これまではレイクの借入に対し、分割で返済していい契約になっていたかと思いますが、これは「期限の利益」に守られていたからです。

「期限の利益」とは簡単に言うと、本来一括で支払うべきものを「分割で支払っていいですよ」と認められた、債務者側の利益のこと。

しかし、契約書の規約に違反したり、今後の取引が難しいと判断されたりした場合には、期限の利益を喪失し、残債を一括請求されてしまいます。

現在のように、滞納を数ヶ月に及び継続してしまった状態では、レイク側の信用は著しく低下した状態と言っていいでしょう。そのような状態で、レイクに対して「分割払い(元の返済方法)にしてください」と交渉を行っても、認めてもらえる可能性は極めて低いです。

このように、一括請求に対しては原則一括返済しか認められず、もし払えないのなら債務整理を検討するしかありません。

任意整理を行えば分割払いに戻せる可能性あり

ただし、任意整理手続きを行えば、再度の分割払いが認められる可能性があります。

任意整理とは、利息をカットし元金のみを3〜5年かけて返済できるよう債権者側と交渉を行う手続きのこと。交渉は弁護士または司法書士に代理で行ってもらうことが通常です。

任意整理はあくまで債権者側との交渉になりますので、必ず認められるとは限りません。例えば、一度も返済した実績のない方など、明らかに支払いの意思が見られなかったような場合は交渉が難航することが予想されます。

ただし、分割払いに戻すには債務整理を行うことが最も有効な手段と考えられますので、一括返済が無理と分かった時点で速やかに弁護士に相談することを強くお勧めします。

このまま滞納状態が続けば、給料や財産の差押えに発展することだけは留意しておいてください。

なお、任意整理を行うことで月々の返済額を確実に減らるはずです。どれくらい月々の返済額が減らせるかは「借金減額シミュレーター」で簡単に診断できますので、お気軽にご利用ください。

レイクに一括返済できないと生じるペナルティ4つ

レイクからの一括請求が支払えないときは、下記のようなペナルティが発生します。

  • 遅延損害金の発生
  • 訴訟提起
  • 強制執行(財産の差し押さえ)
  • 自宅への訪問・会社へ連絡の可能性

①遅延損害金の発生

レイクの場合は、滞納発生1日目から遅延損害金(遅延利息)を発生させる規約となっています。

遅延損害金とは、借金滞納に対するペナルティのような役割を担っており、通常の貸付利率よりも高い利率で利息を計算、請求します。

レイクの遅延損害金は、借り入れ金額に関係なく「一律20%(年率)」で計算・請求されます。

たとえば、一括請求された残債の金額が100万円で、1年間滞納していた場合には、利息のみで20万円支払わなければいけません。

滞納日数が長引くほど、返済金額が膨らむことは留意しておくべきです。

②訴訟提起

一括請求を支払えない状況が続くと、レイクは提訴(裁判を起こすこと)します。

裁判の目的は、債務者(あなた)に対して「借金を返済しなさい」という判決を求めるためです。

レイクが提訴すると、あなたは「被告人」になり、自宅に訴状が届いたり裁判所への出廷命令(呼び出し)をされたりします。

また、書類を放置したり、裁判所に出廷しなかったりすれば、レイク側の完全勝訴となるため、強制的な手続きに移行できる状態になってしまいます。

ワンポイント解説
裁判所からの書類は強制執行の一歩手前でとても危険

裁判所から書類が届いた時点で、相当な危機感を持ってください。裁判で敗訴すれば、強制執行を避けられません。今すぐに強制執行を回避するためには、借金の一括返済もしくは弁護士へ相談してください。

③強制執行(給与や財産の差し押さえ)

一括請求を受けても債務を支払えずに、裁判所からの書類や出頭命令に応じなければ、強制執行は避けられません。

特に、裁判所から支払督促が送付され、所定の期間内に異議を申し立てない場合には、訴訟を経ずに強制執行の手続きが取られてしまいます。

一括請求から支払督促を経て強制執行をするまでの流れは下記の通りであり、一括請求〜裁判所からの書類到着時点で早期の対応が求められるでしょう。

  1. レイクからの一括請求
  2. 裁判所からの支払督促
  3. 裁判所からの仮執行宣言付支払督促
  4. 強制執行が可能

預貯金→給料の順番で差押えられる

強制執行が始まってしまうと、真っ先にあなたの預貯金を差し押さえられます。

それでも残債全てを回収できない場合、次に差し押さえの対象になり得るのが「給料(ボーナス含む)」です。

これまで借金の返済ができなかったということは、現時点で生活費はギリギリもしくは足りてない状態だったかと思いますが、さらに給料を差し押さえられることにより、相当なダメージが予想されます。

また、差押えが給料まで及んだ場合は会社にも借金滞納のトラブルを抱えていたことがバレてしまいます。

強制執行後は分割払いの交渉は極めて難しくなる

強制執行前であれば、任意整理により分割払いの交渉を行うことができましたが、強制執行後はほぼ不可能と考えていただいて構いません。

なぜなら、レイク側としてはすでに法的手続きによる回収に着手しているため、今さら交渉に応じる必要性がないからです。

そうなると、強制執行を回避するための選択肢は、個人再生もしくは自己破産しかありません。このような段階に至る前までに、弁護士へ相談しておいた方が良いでしょう。

④自宅への訪問・会社への連絡の可能性

レイクからの連絡の一切を放置(または無視)していると、本来なら行われないはずの自宅訪問や会社への連絡が行われる恐れがあります。

そうでもなければ債務者本人と連絡が取れないためです。

ただ、最近は借金の取り立てはとても厳しく規制されており、下手に自宅訪問をしたり会社への連絡をしたりすると、貸金業法に抵触する恐れもあることから、レイク側からするとできるだけ避けたい行為です。

そのため、会社や自宅訪問もなしに突然、裁判手続きに移行されてしまう可能性もある点には留意しておきましょう。

レイクからの一括請求に応じられない場合に今すぐ検討すべきこと2つ

上記のように、一括請求を放置すると深刻なペナルティが発生しますので、一括返済できずとも、支払いを放置することだけは絶対にお勧めできません。

レイクからの一括請求に応じられないなら、下記のことを検討して解決を目指してください。

  • 一括返済資金の工面
  • 債務整理による借金整理

①不用品売却等で資金を工面して一括返済

レイクから一括請求された金額次第では、不用品の売却等で資金を工面できる可能性があります。

例えば数十万円程度の一括請求なら、価値のあるブランド品等を売却したりすれば工面できる可能性もあるでしょう。

こうした資金工面をしても返済金額を工面できない場合は、債務整理を行うべき状況と考えていいでしょう。

返済資金用意のために新しい借金をすることだけはNG!

返済資金を用意するために新しく借金をすることだけは絶対に避けてください。

借金返済のために借金をすると言う行為は、利息のさらなる積み重ねを作る行為であり、多くの弁護士や司法書士が警鐘を鳴らす行為です。

そもそも、一括請求をされた時点で信用情報にキズがついている可能性は高く、借入自体ができなくなっているはずです。

もし融資をしてくれるところが見つかったとしても、それは闇金である可能性もあります(基本、信用情報にキズがついている人に融資を行うのは闇金などの危険な業者です)。

さらなるトラブルを呼ぶきっかけになりますので、絶対に新しい借入は避けてください。

②債務整理で解決

レイクの一括請求が払えず、資金工面も難しいなら債務整理を検討してください。

債務整理の3つの種類とその効果

債務整理には、下記3種類の手続きがあり、自分に合った手続きを選択できます。

債務整理の種類 手続きの概要 得られる効果
任意整理 元金のみを分割払いできるよう、交渉を行う手続き 利息や遅延損害金のカット。3〜5年での分割払い
自己破産 現在抱えているすべての借金を免責(免除すること)する手続き 借金のすべてを免責
個人再生 現在抱えているすべての借金をまとめて大幅に減額する手続き 最大1/10まで借金総額を減らせる。自宅処分を避ける制度あり。

安定した収入があり、月々の返済額を減額した上で分割でなら支払える方は任意整理がお勧めです。

逆に、もう支払う力が残っていない方は自己破産が適するでしょう。

※個人の状況によりますので、詳しくは実際に弁護士に相談した上でアドバイスをもらってください。

債務整理を行うことで強制執行は避けられる

債務整理を行うことで、一括請求を放置する最大のリスクであった「給料・財産の差押え」は避けられます(自己破産の場合は財産処分される場合あり)。

これはとても大きなメリットです。

一括請求に応じられない場合は、いずれ強制執行されることは避けられない可能性が高いので、現実的には債務整理によって回避する方法が妥当と言えるでしょう。

返済や督促を一時的にストップできることもメリット

また、債務整理手続きを弁護士に依頼することで、返済や督促を一時的にストップすることができます。

これは、弁護士があなたの代理人になることで、債権者であるレイクが債務者本人に直接連絡を取ることが法律によって禁止されるからです(貸金業法21条1項9号)。

通常、債務整理の手続き費用は、この間に用意することが一般的です。支払いが一時的に止まっているため、これまで返済に充てていた資金を手続き費用に充当できます。

債務整理で「信用情報にキズがつくこと」を気にする必要はない

「債務整理を行うと信用情報にキズがつくから行いたくない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、一括請求された時点で信用情報にキズがついている可能性は極めて高いです(滞納が数ヶ月続いているためです)。

ですから、信用情報の面は実質的なデメリットにはなりません。

一括返済できないのであれば、債務整理で被るデメリットよりも得られるデメリットのほうが大きいはずですので、前向きに検討することを強くお勧めします。

債務整理手続きは早めに取り掛かる方がベター

債務整理手続きは早めに行うことをお勧めします。

なぜなら、強制執行が始まってからでは自己破産しか選択肢がなかった、ということになりかねないからです。

また、弁護士に相談、または手続きを任せ、取り立てや支払いを止めてもらうことで精神的なストレスが大きく軽減することが予想されます。

一括返済ができない状態であれば、債務整理をとること以外適切な方法は現実的にほとんどないと思われますので、勇気を出して弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、レイクの一括請求が来たらどうすれば良いのか?支払えないとどうなるのか?についてお伝えしました。

レイクから一括請求をされてしまっている時点で、原則一括返済しか認められていません。万が一、返済ができなければ遅延損害金の発生や、強制執行等の厳しい対応を取られてしまうとのことでした。

多くの方が、一括請求された時点で一括返済できるだけの資力を有していません。レイクに一括返済するために、新たな借金をすること自体とても危険です。今回お伝えしたことを参考にしていただきつつ、一括請求が来た時点で債務整理を検討してください。

【Q&A】レイクから一括請求されたときの正しい対処法とは?

レイクから一括請求されました。分割払いへの変更はできますか?

レイクから一括請求された時点で、期限の利益を喪失しています。原則、一括返済しか認められません。ただ、債務整理(任意整理)をすれば、無理のない範囲で分割払いを認めてもらえる可能性があります。詳しくは本記事でお伝えしているので、参考にしてください。

レイクの一括請求を払えずにいるとどうなりますか?

レイクの一括請求を支払えない状況が続くと、遅延損害金の発生や強制執行(差し押さえ)や厳しい取り立てを受けることになるでしょう。支払えないなら支払えないなりに、正しい対処をしなければとても危険です。

レイクの一括請求を支払えないときの正しい対処法とは何ですか?

レイクの一括請求が来ている時点で、一括返済をできる方は少ないでしょう。正しい対処法は、債務整理を検討・実行することです。間違えても、新たな借金等をして返済するのだけは避けてください。

阿部 由羅
所属事務所
ゆら総合法律事務所
所属弁護士会
第二東京弁護士会
登録番号
54491
経歴

東京大学法学部卒業・同法科大学院修了
2016年12月 弁護士登録(69期)
2016年12月~2019年12月 西村あさひ法律事務所(不動産・金融・一般企業法務など)
2020年1月~2020年10月 外資系金融機関法務部
2020年11月 ゆら総合法律事務所 開設

弁護士登録後、西村あさひ法律事務所入所。不動産ファイナンス(流動化・REITなど)・証券化取引・金融規制等のファイナンス関連業務を専門的に取り扱う。民法改正・個人情報保護法関連・その他一般企業法務への対応多数。

同事務所退職後は、外資系金融機関法務部にて、プライベートバンキング・キャピタルマーケット・ファンド・デリバティブ取引などについてリーガル面からのサポートを担当。

弁護士業務と並行して、法律に関する解説記事を各種メディアに寄稿中。

重すぎる債務は、生活を大きく圧迫するだけでなく、精神的にも大きな負担となってしまいます。完済の見込みがつかない借金を返し続けるよりも、一度債務整理を行い、経済的にも心理的にも新たにスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
債務整理を行う際には、債務者の方のご状況やニーズに合わせた手続きの選択や対応が必要になります。困難な状況に陥ってしまった方でも、債務の問題を解決するための糸口はきっと見つかります。円滑な債務整理を実現するために、弁護士として親身になってサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…