借金生活から脱出する10の対処法を紹介!借入状況を見直せば生活も立て直せる

借金生活 脱出

複数のカードローン会社から借金をしていて、毎月の返済がとても負担となっています。

借金生活から早く抜け出す方法はないのでしょうか?

借金生活を脱出するには追加で借入をしない、少しでも金利の低い貸金業者で借り換えるなど様々な方法が挙げられますが、借入先が複数あるならばおまとめローンを利用し借金を1本化するのも良いです。

借金返済で生活が困窮しているならば、債務整理で借金を減額することも検討しましょう。

債務整理をすると借金が減額できるのですね。

しかし、債務整理と聞くと財産を回収されるイメージがあるのですが、実際はどうなのですか?

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という3つの手続き方法があり、個人再生や自己破産では所有している財産を回収される可能性が高いです。

しかし、任意整理ならば財産を手放す必要はありません。

ただし、債務整理をすると5年~10年は新たなローン契約や借入ができないなどのデメリットがありますから、本当に債務整理をすべき状況なのかまず弁護士に相談してみるのがおすすめです。

借金問題に関する相談なら無料としている法律事務所が多いので気兼ねなく利用してみてください。

借金生活を脱出するためにいろいろな方法があると知り、少し安心しました。

とにかく早めに弁護士の無料相談を利用してみます!

借金生活から脱出するためには、新たな借入をしないことが大前提です。そのうえで、支出の無駄がないか見直したり、低金利の貸金業者に借り換えたりなどの方法があります。

しかし、人によっては借金が多すぎて、借り換えやおまとめをしても完済できる見込みがない人もいるでしょう。

そのような人は、債務整理をすることで借金を減らしたり、全額帳消しにすることが可能です。債務整理は公的な借金救済制度なので、基本的にだれでも使えます。

弁護士や司法書士なら、あなたの借入状況に合わせて適切な債務整理の方法を提案し、具体的な手続きまで代行できます。

まずは無料相談で、弁護士や司法書士に自分の現状を話してみましょう。どんな借金でも親身になってアドバイスをしてもらえますし、誰かに話すだけでも精神的なストレスは和らぎます。

>>【24時間無料相談】借金問題に強い弁護士・司法書士はこちら

この記事でわかること
  • まずは借入状況を冷静に把握することが大切
  • 借り換えローンやおまとめローンで返済負担を軽減できる
  • 債務整理をすれば借金の減額や免責が可能

借金生活から脱出するために行うべき10の対処法

借金生活から抜け出すためには、支出の見直しをしたり借金の借り換えやおまとめをしたりするのも効果的です。

また、自力ではどうにもならないという場合は、弁護士や司法書士に相談して債務整理することも検討しましょう

ここでは借金生活から脱出するための対処法として、下記の10個紹介します。

  • 現在の借入状況を正確に把握する
  • 家計を見直して支出を減らす
  • 周囲の人にも協力してもらい生活パターンを変える
  • 副業などで収入を増やす
  • 借り換えで金利の低い業者へ変更する
  • おまとめローンで多重債務を一本化する
  • クレジットカードを解約する
  • 「貸付自粛制度」を申し込む
  • カウンセリングを受ける
  • 債務整理で借金を減額・免責する

1.現在の借入状況を正確に把握する

借入先が複数あると、どこからいくら借りているのかや利息がどれだけ発生しているのかが分からなくなっているケースが多いです。

借金を早く完済するためには、残高や金利など現状の借入状況を把握して、返済への意識を高めることが大切です。

メモ用紙などに借入先ごとの借入元金や適用金利、月々支払っている元本や利息、完済までにかかる予定の期間を書き出してみましょう。

一覧で見てみると毎月どれだけ無駄な利息を支払っているのか、また今後支払わなくてはならない金額も明確になります。

そうすると1日でも早く完済しなければという意識が高まり、行動にもうつせるはずです。

2.家計を見直して支出を減らす

1日も早い借金完済を目指すには、支出の見直しをして無駄遣いを防ぐことも大切なポイントです。

無駄な出費があったと分かれば、その分を返済に充当すれば支払期間が短縮でき利息も軽減できるはずです。

見直せる支出の例として、下記の2つを詳しく紹介します。

  • 家賃や光熱費等の固定費
  • 趣味や嗜好品のための娯楽費

家賃や光熱費等の固定費

家賃や光熱費、各種保険料など毎月支払わなくてはならない固定費は、見直せば節約できる可能性が高いです。

たとえば家賃の安い家に引っ越しをする、電気会社やガス会社を変えるといった方法で支出を減らせるでしょう。

また、生命保険や損害保険を、保険料の安いものに切り替えるといった方法もあります。

車も休日にしか乗らないのであれば、必要な時だけレンタカーを利用することで車検や税金などの維持費を削減可能です。

こういった固定費のうち毎月減らせる金額は少しでも、年間で考えれば大きな金額になるでしょう。

趣味や嗜好品のための娯楽費

趣味や嗜好品、交際費といった娯楽のための支出を見直せば、多くのお金を返済に充てられます。

ただし、いきなり一切禁止にしてしまってはストレスが溜まるでしょうから、まずは月に2回あった飲み会を1回に減らしてみたり、タバコの本数を減らしてみたりするなど、少しずつ始めてみると良いでしょう。

我慢できずお金を使ってしまっても、諦めることなく何度でも節約に挑戦することが大切です。少しずつでも生活パターンを変えていけば、借金完済に近づけます。

3.周囲の人にも協力してもらい生活パターンを変える

生活パターンを変えることも、無駄な支出を抑える対策として有効です。

とくに、ギャンブル仲間や頻繁に飲み歩くような友達は、事情を説明して遊びに誘わないようにしてもらうとよいでしょう。

「交友関係を壊してしまう」と不安に思うかもしれませんが、借金で破産しないためには、思い切った方法も必要です。

生まれ変わるつもりで、借金の必要ない生活パターンに変えていきましょう。

4.副業などで収入を増やす

繰り上げ返済ができるよう、収入を増やせないかも検討してみましょう。

週末や仕事終わりにできる副業を始めてみるのもよいですし、いっそのこと転職してしまうのも1つの方法です。

副業や転職がむずかしければ、不用品をリサイクルショップやフリマサイトなどで売るのもよいでしょう。

5.借り換えで金利の低い業者へ変更する

現状よりも金利の低い業者へ乗り換えをすれば、その分利息が少なくなるので、返済が楽になります。

特に消費者金融は、年18%前後と高めの金利を適用されているケースがほとんどです。

一方、銀行カードローンは年15%以下に設定されているケースが多く、消費者金融よりも低金利で借り入れられます。

消費者金融で借金をしているのであれば、銀行カードローンで借り換えをすると返済総額を減らせるでしょう。

ただし、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあるので、年収の3分の1を超える程の多額の借入をしていたり、消費者金融で何度も支払遅延があったりすると審査に通過しない可能性があります。

6.おまとめローンで多重債務を一本化する

借金の借入先が複数社ある場合は、おまとめローンを利用して借金を1本化するのがおすすめです。

借金をまとめることができれば、カードローン会社ごとに発生していた利息が1社だけになるので、返済総額を減らせます。

また、あちこちで借入していると返済日が違ったり、残高や利息の把握がしづらいですが、1社にまとめれば管理が楽になって返済もしやすくなります。

おまとめローンは追加借入不可の返済専用の商品がほとんどなので、ついつい余計な借入をする心配もありません。

ただし、おまとめローンを利用するときは現状の借入先よりも金利が低いものを選ぶよう注意しましょう。

7.クレジットカードを解約する

普段からクレジットカードでの買い物をしている場合は、現金払いでの生活に切り替えるとよいでしょう。

クレジットカードは現金と比べて浪費感覚を持ちにくいので、無意識に使いすぎてしまいます。

確実に浪費をやめるためには、クレジットカードを解約するのも有効です。

現金での生活を徹底すれば、買い物でも「これはいま本当に必要なものか」と考えられるようになり、無駄遣いを減らせます。

8.「貸付自粛制度」を申し込む

つい誘惑に負けて借金をしてしまうなら、貸付自粛制度を利用して強制的に借入できないようにしましょう。

借入自粛制度とは、貸金業者や銀行の業界団体に申告することで、その団体に加盟している企業・銀行から借金ができなくなる制度のことです。

貸付自粛制度を申し込んでおけば、仮に誘惑に負けて借金をしようとしても、貸金業者・銀行のほうから断られます。

借入そのものができなくなるので、いま以上に借金が増えないようにできるのです。

参照:金融庁「貸付自粛制度について」

9.カウンセリングを受ける

借金を繰り返しており、自力で辞められない人は、借金依存症に陥っている恐れがあります。

借金依存症は心の病気であり、自分で治すのは困難です。病院の精神科や心療内科に相談してみましょう。

「病院へ行くのは抵抗がある」という人は、下記に挙げるような相談窓口を利用するのも1つの方法です。だれかに話を聞いてもらうだけでも精神的に楽になるため、1人で悩まず積極的に相談してみましょう。

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会

全国銀行協会カウンセリングサービス

都道府県及び政令指定都市の精神保健福祉センター

10.債務整理で借金を減額・免責する

多額の借金を抱えており、どう頑張っても完済できる見込みがない場合は、債務整理で借金を減額・免責することを検討しましょう。

債務整理は、債権者との交渉や裁判所での手続きを通して、借金を減らす、もしくは全額帳消しにする救済制度です。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼することで、その日から返済をストップできます。

日々の生活も苦しくなるほど追い詰められている人は、すぐに弁護士や司法書士へ相談しましょう。借金問題を専門とする弁護士・司法書士なら、親身になってアドバイスをしてくれます。

>>【24時間無料相談】借金問題に強い弁護士・司法書士はこちら

債務整理の種類と減らせる借金額

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という3つの種類があり、それぞれ借金を減らせる範囲に違いがあります。

借金の金額など個々の状況でどの方法が適しているか変わるため、弁護士や司法書士に相談しながら適切な債務整理を選びましょう。

なお、自分が具体的にどれくらいの借金を減らせる知りたい人は、下記の借金減額診断チェッカーを活用してください。無料・匿名で、減額可能な借金を調べることができます。

1.任意整理【将来の利息をカット】

任意整理は借金の元本はそのままで、将来の利息をカットできる債務整理の方法です。

利息をカットしてもらうことで、元本の返済がスムーズに進むのが任意整理の特徴です。

なお、任意整理後に残った借金は3~5年で完済する仕組みです。債務整理のなかで唯一裁判所を介さず、弁護士と債権者が和解交渉を行い手続きを進めていきます。

そのため、手続き費用が1債権者あたり大体5万円前後と比較的安価に済むうえ、手続き期間も3~6ヵ月と短く、債務者の負担が少なく済むのがメリットと言えます。

任意整理については下記の記事でも詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

2.個人再生【借金を約1/5カット】

個人再生は借金を1/5程度にカットできる債務整理の方法です。

借金を大幅に圧縮できるため、多額の債務があり任意整理をしても完済が見込めない場合に最適です。

個人再生後に残った借金は3~5年かけて返済していくことになります。

ただし、個人再生は借金の総額が5,000万円を超えておらず、かつ将来にわたって継続的な収入が見込める方ができる手続きなので注意してください。

個人再生は裁判所を介して行うので、弁護士費用と裁判所へ支払う費用が合計で約50万円~80万円かかります。

また、手続きにかかる期間は6ヵ月~1年程と長めになると把握しておきましょう。

個人再生については下記の記事でも詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

3.自己破産【借金を全額カット】

自己破産は借金を全額免除してもらえる債務整理の方法です。

借金が帳消しになるので多額の借金がある場合もスムーズな生活再建が期待できます。

自己破産は細かく分けて同時廃止、少額管財、管財事件の3種類があり、債務者の財産の有無や申し立てする裁判所によってどの手続きになるか決まります。

自己破産にかかる費用は弁護士費用と裁判所へ支払う費用を合わせて、同時廃止で30~50万円、少額管財で40~60万円、管財事件で70~80万円が相場とされています。

なお、手続きにかかる期間は6ヵ月~1年になります。

自己破産は手続き開始から免責が決定するまでの間、公的資格が制限されるといったデメリットがあるので職種によっては注意しなければなりません

自己破産については下記の記事でも詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

個人再生・自己破産は所有している財産を回収されるので注意

3通りある債務整理の方法ですが、個人再生と自己破産は財産を回収される可能性が高いので、マイホームやマイカーなどを所有しているならじっくり検討しましょう。

ただし、個人再生は住宅ローン特則を利用することができ、マイホームを維持したまま債務整理できます

なお、自己破産は自由財産以外は回収の対象となるので注意が必要です。

自由財産には99万円以下の現金、破産者が破産手続開始後に新たに取得した財産、生活必需品などが含まれますので、破産後の生活は維持できます。

とはいえ、持ち家や高価な財産は手放さなくてはなりませんし、一定期間の資格制限もあるので自己破産は個人再生ができない場合の最終手段と考えておきましょう。

一方、任意整理は対象とする債権者を選べる手続きなので、財産を回収される心配はありません。

たとえばローンが残っている車を手放したくないなら、車のローン会社を任意整理の対象から除外すれば良いです。

さらに、保証人を立てている借金があっても、除外すれば保証人へ迷惑をかけることもないのです。

財産を維持できるうえ手続き費用も安価に済むので、まず任意整理が自分にとって効果的かを弁護士に相談してみましょう。

債務整理をすると5~10年は借入できない

債務整理は借金を減額もしくは免除できるメリットがある代わりに、信用情報機関にて金融事故として記録されるデメリットがあります

信用情報機関とは、個人の年収や住宅情報、勤務先などの属性や、ローンやクレジットなどの契約や支払情報を保有している機関で、日本にはCICとJICCとKSCの3つがあります。

クレジットやローン契約の際には、各社加盟している信用情報機関へ信用情報の照会を求めるので、信用情報にマイナスな記録があると返済能力や信用がないと見なされ審査に通過しません

いわゆるブラックリストの状態になります。

そのため、債務整理後はローンを組めなくなり家族にも迷惑がかかる可能性があるのです

ただし、債務整理をしても情報の保有期間が経過すればブラックリストから外れます。

保有期間は任意整理が5年、個人再生と自己破産が5年~10年ですので、最低でも5年間は各種ローンやクレジット契約ができなくなると理解してください。

見方を変えれば、債務整理をした後は借金できなくなるので、整理後に残った借金を返しつつでも生活を立て直しやすい状況になると言えます。

債務整理の手続きは弁護士や司法書士に依頼する

債務整理の手続きは、弁護士もしくは司法書士に依頼します。

費用は依頼する事務所によって変わりますが、一般的には弁護士より司法書士のほうが低料金になる傾向です。

ただし、司法書士は「債権額が140万円」「裁判所への代理出頭ができない」など、業務範囲が限定されるので注意しましょう。

借金問題を専門とする事務所であれば、どんな借金でも具体的な解決案をアドバイスしてくれます。初回相談は無料としているところも多いので、まずは気軽に相談してみましょう。

>>【24時間無料相談】借金問題に強い弁護士・司法書士はこちら

借金生活を抜け出さないとどうなる?

借金生活は、早めに抜け出さないと多くの危険がまっています。具体的には、下記のような事態に陥るかもしれません。

  • 借金が雪だるま式に増えていく
  • 新たな借入ができなくなる
  • 闇金に手を出してしまう
  • 財産を強制的に差し押さえられる

借金を繰り返してもいずれは行き詰まり、生活が決定的に破綻します。最悪の結末を避けられるよう、早めに対処をおこないましょう。

借金が雪だるま式に増えていく

借金が増えてくると、返済するためにも借金をするようになり、次々に新しい借金を作る自転車操業になってしまいます。

また、一度大金を借りてしまうと、借金をする抵抗感が薄まって簡単に借入をするようになってしまいます。

やがて歯止めが効かなくなり、気がつけば到底返済できない金額まで膨れ上がってしまうのです。

新たな借入ができなくなる

銀行や貸金業者は、融資するときに顧客の信用情報を調査します。過去の借入履歴はすべて信用情報機関に登録されているため、現在どれくらいの借金があるかは筒抜けです。

すでに多額の借金があると破綻リスクが大きいため、銀行や貸金業者は融資を断るようになってしまいます。

すでに自転車操業になっているのに、新たな借入ができないことで返済もできなくなってしまうのです。

財産を差し押さえられる

滞納状態が続くと、債権者は裁判所を介して財産の差し押さえに動きます。

裁判所から支払い督促や訴状が送られてきて、適切に対処しないと差し押さえが実行されます。

差し押さえを実行されると拒否できず、マイホームや家財、貯金や給与口座など、ほとんどの財産を強制的に募集されてしまうのです。

裁判所から支払い督促や訴状が送られてきた段階でも、債務整理で借金問題を解決することは可能なので、適切な対処を弁護士や司法書士にアドバイスしてもらいましょう。

>>【初回相談無料】借金問題に力をいれる弁護士・司法書士はこちら

闇金に手を出してしまう

正規の銀行・貸金業者から借りられなくなれば、闇金に手を出してしまう人もいます。

闇金は「ブラックOK」などと甘い誘い文句で融資してきますが、法外な利息を取ったり、返済の代わりに犯罪の片棒を担がせようとしてきます。

自宅や職場へ嫌がらせのような取り立てをしてくる恐れもあり、自分だけでなく家族や周囲の人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

まとめ

借金の返済を早く終わらせるためには、正確な借入状況を確認することが大切です。

そして、家計の見直しやクレジットカードの利用を控えるといった対策を講じましょう。

また、借入件数が1件ならもっと低金利のカードローンへ借り換える、借入件数が複数ある場合はおまとめローンを活用すると利息の軽減ができ、返済期間も短くなります。

もしも借金返済で生活が苦しい状況ならば、債務整理も視野に入れるべきです。

債務整理すれば借金を減額もしくは免除できるので、多重債務者でも借金の悩みをスムーズに解決できます。

多くの弁護士事務所では借金問題の相談は無料としているので、まず債務整理をすべきなのか相談してください。

借金生活を抜け出すためには、自分の努力も必要ですが、ときには専門家の力を借りなければ解決しない場合があることを把握しておきましょう。

>>【24時間無料相談】借金問題に強い弁護士・司法書士はこちら

借金生活を脱出したい場合のよくある質問

借金生活を抜け出すには、まず何をするべきですか?

まずは借入状況の把握をすることが大切です。

借金生活を脱出したいのですが、金利が高くてなかなか返済が進みません。

金利が高い借入先から借金をしているなら、低金利のカードローンへ借り換えるとよいでしょう。

借金生活を脱出したいのですが、複数社から借入があり返済が追いつきません。

2社以上の借入先から借金をしているなら、おまとめローンを利用するのがおすすめです。毎月の返済額が下がる可能性があります。

借金生活を脱出したいのですが、借金が多すぎて生活もままならない状況です。何かよい方法はありませんか?

多額の借金で生活が困窮しているなら、債務整理を検討してください。債務整理なら借金の一本化や利息を減らせるのはもちろん、元金をカットして借金の負担を大幅に減らすことも可能です。

借金の負担を大幅に減らせる債務整理について、もっと詳しく知りたいです。

債務整理には主に「任意整理」「自己破産」「個人再生」と3つの方法があり、どの方法を選ぶかによって借金の負担がどれくらい減るのかや、メリット・デメリットが変わります。自分に合った方法を知りたい場合は、弁護士に一度相談するとよいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…