借金があることを親に言えない・相談できない場合に頼れる相談機関について

借金 親に言えない

借金を抱えているのですが、どうしても親にいえません。親に頼らず解決したいのですが、なにかよい方法はありますか?

債務整理の1つである「任意整理」なら親に知られずに借金の返済を進められることが多いですよ。

そうなんですね。その任意整理は誰でもできるのですか?

任意整理には支払い能力や支払い意思が影響します。債務者の状況を踏まえて弁護士・司法書士が債権者と交渉をするのです。無料相談ができる弁護士や司法書士もいますので、まずは相談してみることをおすすめします。

「借金していることを親に言えない」
「借金の返済がきついけど親には頼れない・・・」

このようなお悩みを抱える人は、多いのではないでしょうか。

借金を抱えた状態で頼れる人がいないと、心細いですよね。また、親に知られて心配や迷惑をかけてしまうのではないかと不安になると思います。

親にいえない借金でも、自力で解決できる方法があります。また、無料の相談先もたくさんありますので、ご安心ください。

この記事では、親に言えない借金を抱えている人に対して、解決策や相談先をご紹介します。

ぜひ参考にして、借金問題を解決する一助としてください。

この記事でわかること
  • 親に頼らずに借金を返済する方法がわかる。
  • 借金問題を相談できる機関がわかる。
  • 借金を減らす手続きである「債務整理」についてわかる。

親を頼らずに借金問題を解決する3つの方法

借金は、親に頼らず解決が可能です。

以下の3つの方法を検討してみてください。

  1. 収支のバランスを見直して返済に回す
  2. 副業をして収入を増やす
  3. 債務整理をする

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

⒈収支のバランスを見直して返済に回す

まずは収支のバランスを見直してみましょう。

収支のバランスを見直す際、支出を以下のように分類するとわかりやすいです。

  • 消費・・・生活に欠かせない出費。食費や光熱費、交通費など。
  • 投資・・・将来役に立つものへの出費。貯金やセミナー費、書籍代など。
  • 浪費・・・無駄なものへの出費。ギャンブルや衝動買い、必要以上に豪華な食事など。

支出を分類したら、まずは浪費をなくして借金の返済に充てられるか検討してみましょう。

投資も今は必要ないのなら、一度借金の返済に回すことも検討しましょう。

消費に関しても、携帯料金を格安SIMに変えたり自炊をするなどすれば、抑えられるかもしれません。

このように、まずは自身の収支バランスを見直して借金の返済ができないか検討してみましょう。

⒉副業をして収入を増やす

現在の収入では収支バランスを見直しても借金の返済が難しい場合、副業をして収入を増やすのも1つの方法です。

以下の仕事は、時間の融通がききやすく、短時間や深夜・早朝でも勤務できるため副業におすすめです。

  • デリバリースタッフ
  • Webライター
  • ポスティング

また、土日を利用して「交通量調査」や「イベントスタッフ」などに就業するのもよいでしょう。

副業がOKだったり、掛け持ちできそうな人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

⒊債務整理をする

自力での返済がどうしても難しい場合、弁護士へ債務整理を依頼することも検討するとよいでしょう。

債務整理とは、国に認められた借金の救済措置で、借金の減額や返済義務の免除ができます。

債務整理には「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つの方法がありますので、次の項目からそれぞれ詳しく解説していきます。

将来分の利息をカットする「任意整理」

任意整理とは、債権者と交渉して将来分の利息や遅延損害金をカットしてもらう手続きです。

通常は弁護士へ任意整理を依頼し、弁護士が債権者と交渉をおこないます。

交渉成立後は、元金のみを原則3~5年の分割払いで返済していきます。

任意整理をするためには、債権者に返済能力と返済意思を認めてもらう必要があるため、ある程度の安定した収入が必要です。

借金の返済義務を免除してもらう「自己破産」

自己破産は、一定以上の価値ある財産を手放して、借金の返済義務を免除してもらう手続きです。

借金の返済義務がすべてなくなるため、手続き後は返済が残らず生活の再建がしやすいです。

ただし、税金や養育費、損害賠償金といった非免責権は免除の対象とはなりません。

また、家や車といった高価な財産は基本的にすべて手放すこととなります。生活必需品は手元に残せるので、安心してください。

自己破産には「免責不許可事由」があり、借金の理由がギャンブルや浪費、財産隠しや特定の債権者への返済があると自己破産の免責がおりない可能性があるので注意しましょう。

借金残債を大幅に圧縮する「個人再生」

個人再生は、利息を含めた借金総額を大幅に圧縮し、残債を原則3年で分割返済していきます。

自己破産のように免責不許可事由はないため、どのような理由による借金でも手続きが可能です。

ただし、任意整理のように手続きする債権は選べないため、すべての借金が手続きの対象となります。

ただ、個人再生のメリットのひとつに「住宅ローン特則」があります。住宅ローン特則は、条件を満たすとローン返済中の住宅を残したまま個人再生ができる特例のことです。

住宅ローン特則の条件を満たしているかの判断は難しいので、気になる人は弁護士へ相談してみるとよいでしょう。

【親を頼れないとき】借金問題の相談先

親にいえない借金でも、相談できる機関はたくさんあります。

  • 弁護士・司法書士
  • 法テラス
  • 日本弁護士連合会
  • 日本貸金業協会
  • 日本クレジットカウンセリング協会
  • 自治体の相談窓口
  • 全国社会福祉協議会

ひとりで抱え込まずに、まずは借金問題に強い専門の機関へ相談してみてはいかがでしょうか。

それぞれの機関について、詳しくご紹介していきます。

弁護士・司法書士

弁護士や司法書士は、借金問題に悩んでいる人の強い味方です。

前述した債務整理手続きはもちろん、借金問題に関するアドバイスや今後の生活についてもアドバイスをしてもらえます。

弁護士や司法書士へ相談する場合は、借金問題に強い事務所へ相談するとよいでしょう。

>>【相談無料】親に頼れない借金について相談してみる

法テラス

法テラスは、国が設立した法的トラブル解決のための総合案内所です。

法的な支援が必要な人に向けて情報提供をおこなったり、経済的な理由で法的措置を取れない人に費用の立替をおこなうなどの業務をしています。

もちろん、借金問題にも対応しています。無料の法律相談もおこなっているので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

※無料の法律相談や費用立替え制度には、収入や資産の要件があります。

公式サイト 法テラス公式ページ
電話番号 0570-078374
受付時間 平日:9時~21時
土曜:9時~17時

日本弁護士連合会

日本弁護士連合会は、全国の弁護士が会員となって運営しています。

全国の約300箇所で法律相談を実施しており、Webから24時間相談の予約申し込みができます。

相談は1回につきおおむね30分、5,500円程度で受けられるため、法律事務所の相場よりも安く相談が可能です。

公式サイト 日本弁護士連合会
電話番号 0570-783-110
受付時間

日本貸金業協会

日本貸金業協会では「貸金業相談・紛争解決センター」を設け、借入や返済、多重債務や貸金業者への苦情といった相談を受け付けています。

ギャンブルや浪費がやめられない人に対して、生活再建支援カウンセリングもおこなっています。

「借金をどうやって返していったらわからない」
「自分が借入れている業者は本当に安全?」
「ギャンブルがやめられずに借金がかさんでしまう・・・」

などといったお悩みをお持ちの人は、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

公式サイト 日本貸金協会公式ページ
電話番号 0570-051-051
受付時間 9:00~17:00 土・日・祝休日・12/29~1/4を除く

日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会では、多重債務に陥っている人に向けて無料相談を実施しています。

債務者の希望や状況に応じて、無料の任意整理や家計管理の改善もおこなっています。

近隣に事業所がなくても、電話での相談が可能です。

公式サイト 日本クレジットカウンセリング協会
電話番号 0570-031640
受付時間 月~金:10:00~12:40、14:00~16:40

自治体の相談窓口

中には借金に加えて、税金を滞納している人もいるでしょう。

税金は非免責権とされているので、債務整理をしても減額はできず、滞納を続けると給料や財産を差押えられてしまいます。

そのため、滞納している税金がある場合は、自治体の窓口へ相談してみましょう。

経済状況によっては、減額や免除の手続きをしてもらえる可能性があります。

また、猶予や分割払いに対応してもらえるケースも多いので、滞納がかさむ前に相談することをおすすめします。

全国社会福祉協議会

全国社会福祉協議会では、生活困窮者のために貸付をおこなっています。

借金の返済に追われ、日々の生活もままならない場合、貸付が受けられるか相談してみてはいかがでしょうか。

貸付金の返済については、据え置きや生活状況が改善しなければ免除など、柔軟に対応してもらえます。

また、病気やケガなどによって急に収入がなくなり、借金の返済や生活が苦しくなってしまった場合も、貸付を受けられる可能性が高いです。

まとまったお金を貸付けてもらえるので、生活の再建にも役立ちます。

公式サイト 全国社会福祉協議会
電話番号 03-3581-7820
受付時間

借金問題を放置するとどうなる?

借金問題は、放置すればするほど状況は悪くなっていきます。

それでは具体的に、どのようなことが起こるのでしょうか。

次の項目からお伝えしていきますので、参考にしてください。

利息や遅延損害金が増え続ける

利息や遅延損害金は、日に日に増えていきます。

遅延損害金は、返済が遅れたことに対するペナルティのようなものです。

遅延損害金の金利は20%程度で設定されていることが多く、非常に高金利といえます。

例えば、50万円の借入金を遅延損害金利20%で30日延滞した場合、遅延損害金は以下のように求められます。

50万円×20%÷365×30=約8,219円

つまり、遅延損害金だけで約8,000円も支払わなければならないのです。

遅延損害金は、延滞を続ける限り毎日増え続けますので、早めの対処を心がけましょう。

ブラックリストに掲載される

借金を一定期間滞納すると、ブラックリストに掲載されます。

ブラックリストに掲載されるとは、信用情報機関に事故情報が登録されることです。

ブラックリストに登録されると、5年程度は新規での借入やクレジットカードの作成、ローンを組んでの買い物が原則できなくなります。

借金残債を一括請求される

債権者からの督促に応じず、借金を放置すると債権者から借金残債を一括請求される恐れがあります。

一括請求に応じられない場合、債権者は裁判へと移行して差押えの準備に入るケースがほとんどです。

この時点で対応をしなければ、連帯保証人への請求や給料や財産の差押えを受けてしまう可能性が高いです。

連帯保証人へ請求がいく

借金に連帯保証人が設定されている場合、あなたが返済をおこなわないと連帯保証人へ請求がいく可能性があります。

連帯保証人は、原則債権者からの請求を拒否できません。

とくに奨学金を滞納している場合、連帯保証人は親に設定されているケースが多いでしょう。

そうなると、親に奨学金の滞納が知られることは避けられず、また、親が請求を受けるという事態になってしまいます。

給料や財産を差押えられる

借金を返済せずに放置すると、最終的に債権者から裁判を起こされて給料や財産を差押えられてしまいます。

親と同居している場合、親に借金を滞納していた事実が知られることは避けられません。

一人暮らしの場合でも、給料が差押えられると会社には必ず借金の事実が知られますし、煩雑な手続きを要するため、会社へ迷惑がかかってしまいます。

そのような事態を避けるためにも、借金問題は早めに対処しましょう。

借入先が闇金だったときの対処法

借入れた後に、借入先が闇金だったと判明することは珍しくありません。

ただ、闇金が相手だと、ここまで解説したような解決法では解決に至らないケースが多いのが現状です。

そこでこの項目では、闇金から借入をしてしまったときの対処法を解説します。

闇金問題に対応できる弁護士へ相談する

まず一番有効なのは、闇金問題に対応できる弁護士へ相談することです。

法律事務所によっては、闇金問題に対応していない場合があるため、事前にホームページや電話で確認しましょう。

そもそも、闇金からの借入は不当原因給付にあたるため、返済義務がありません。

そういったことも含め、弁護士が根気よく闇金と交渉をし、解決に導いてくれます。

まずは一度、弁護士に相談してみることをおすすめします。また、闇金以外の借金についても同時に解決を図るとよいでしょう。

>>【闇金対応可】借金問題を弁護士へ無料相談する

物損被害や脅迫は警察へ被害届を提出する

闇金業者から物損や脅迫の被害を受けた場合、警察へ被害届を提出しましょう。

闇金被害をただ警察へ相談しても、民事不介入によって干渉してもらえないケースが多くあります。

民事不介入・・・警察は民間の紛争に介入すべきでないという原則

そのため、被害届の提出をしましょう。そのために、物損被害や脅迫は現物もしくは写真や録音で残しておく方がよいです。

また、闇金と根本的に手を切るためにも、同時に弁護士へ相談することをおすすめします。

まとめ

親に相談できない借金を抱えてしまっても、頼れる相談先はたくさんあります。

とくに弁護士や司法書士は、借金問題の解決策を導き出せる存在なので、あなたの抱える借金問題において強い味方となってくれます。

親に知られずに借金を解決することも可能なので、ぜひ一度相談してみてください。

借金相談に関するよくある質問

親に知られず借金を完済することはできますか?

別居しているのなら、ほとんどの場合に可能です。
同居でも任意整理なら親に知られず完済が可能です。

弁護士への相談は高いイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか。

借金問題に関する相談の場合、無料で相談できる事務所が多いです。
ホームページや電話で確認してみましょう。

親に頼れない借金を抱えているのですが、どこへ相談するべきですか?

まずは弁護士へ相談してみてはいかがでしょうか。
他にも法テラスや全国クレジットカウンセリング協会といった機関でも、借金に関する相談を受け付けています。

親にも相談できない借金があるのですが、放置するとどうなりますか?

電話や通知での督促やブラックリスト入りが考えられます。
その後も放置し続けると、一括請求を受け、応じないと給料や財産を差押えられてしまいます。

自分が自己破産した場合、親に迷惑はかかりますか?

同居でない場合、基本的に迷惑がかかることはありません。
ただ、親が連帯保証人となっている借金は親に請求が行きます。
また、同居している場合は、あなたの財産が差押えられることで不自由する可能性もあります。

監修者
得意分野
  • 労働問題
  • 相続
  • 医療トラブル
所属事務所
弁護士法人アクロピース
所属弁護士会
千葉県弁護士会
登録番号
50635
経歴

福岡県立修猷館高等学校 卒業
明治大学法学部法律学科 卒業
東北大学法科大学院 修了

弁護士の吉田伸広と申します。私が弁護士として心掛けていることは、じっくりお話を伺うことと、法的な問題を解決するだけでなく、精神的にも身体的にも元気になっていただくことです。人の一生で、弁護士に頼らなければならない出来事はそう多くあるものではありません。だからこそ、一度法律の問題を抱えると頭の中はその問題でいっぱいになります。四六時中不安になり、体調を崩してしまう方も沢山いらっしゃいます。困り果てて、疲れ切ってしまっているのは、決してあなただけではありません。勇気を出してお話を聞かせてください、お待ちしています。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…