借金を減らしたい!返済が難しいと感じ始めた場合に試したい3つの方法

とにかく今の借金を早く返済したいんです。何かいい方法はありませんか?

借金の返済がなかなか終わらない原因は、利息の高さにあるかもしれません。
返済方法を、「利息を低くすること」に注目して改善しましょう。
低金利ローンやおまとめローンにすれば利息を低くすることができます。また、弁護士に任意整理を依頼すれば、利息自体が0%になるため、返済目途が立ちやすくなるでしょう。

借金を返済したら、もう二度と借金をせず、将来のために貯金をしたいと思っています。

返済方法の改善と一緒に、家計の見直しもしてみてください。小さな節約を積み重ねるよりも、固定費を見直すことで大きく、継続的に節約ができます。
あとは、今買おうとしている物が本当に必要かも改めて考える必要があるかもしれません。

「借金を減らしたい」

「将来に備えて貯金をしたい」

そう感じても、仕事をこなすだけで精一杯で、行動に移せていない方は多いのではないでしょうか。

借金を減らすには、まずシンプルに考えましょう。必要なことは以下の2点です。

  • 利息の低い返済方法に変える
  • 「必要」か「欲しい」かで考えるくせをつける

この記事では、借金を減らして将来に備えたい方に向けて、具体的な改善方法をお伝えします。

この記事を読むことで、今の生活の改善方法だけでなく、今後再び借金生活に陥らないためのマインドセットができるようになります。

今の借金を返済したら、もう二度と借金生活に陥りたくないという方は、ぜひ参考にしてみてください。
>>借金を減らしたい!任意整理に強い弁護士はこちら【初回相談無料】

この記事でわかること
  • 借金を減らすには、利息をできるだけカットすることを考えて返済する
  • 余裕があるうちに低金利ローンやおまとめローンに切り替えて利息をカットする
  • 借り入れが年収の3分の1を超える、借入先が3社以上になる、または自転車操業状態になっている場合は債務整理を検討するタイミング
  • 家計の管理は「必要」か「欲しい」かで考える
  • 固定費を改善することで大きな変化が期待できる

借金の返済を楽にする効果的な方法3つ

借金の返済を楽にするために注意するポイントは、利息をカットすることです。具体的には、以下の2つの方法があります。

  • 利息の低い借り入れに乗り換えるか
  • 任意整理の手続きをするか

下記で詳しく解説します。

①低金利ローンへの借り換え

今借金返済が厳しいと感じるのは、利息に原因があるのかもしれません。借入先がまだ少ないなら、低金利ローンへの借り換えを検討してみましょう。

借り換えというと住宅ローンの借り換えが思い浮かぶかもしれませんが、無担保ローンでも借り換えをすることはできます。

自分に合った借り換え先を見つけることで、利息を下げる以上の効果も期待できます。

低金利ローンのメリット

低金利ローンに借り換えるメリットは、下記の通りです。

利息を低くすることができる

借り換えることで、現在の支払利息を下げることも可能です。

現在の借入先が消費者金融やリボ払いだとすると、利息は15~20%とかなりの高利です。借り換えによって利息を下げることができれば、毎月の支払額や最終的な返済総額も減らすことができるでしょう。

また、住宅ローンなどの利息の低いローンでも、超長期契約ならば利息減の効果は大きいといえます。

100万円を36回払いで返済した場合
借入の種類 利息 返済月額 返済総額 うち利息
消費者金融 18% 36,152 円 1,301,472 円 301,472 円
低金利ローン 12% 33,214円 1,195,696円 195,696円

消費者金融で100万円を18%で3年間返済し続ける場合と、低金利ローンに切り替えた場合の試算です。

利息が6%違うだけで、最終的には10万円程度の違いになってしまいます。

利便性のよいカードを選ぶことができる

借り換え先をカード会社や銀行に変更することで、普段使いの利便性をよくすることもできます。

消費者金融のカードは日常の買い物には使えません。それを銀行のカードローンなどにすることで、返済の負担を軽くするだけでなく、普段の生活も便利になるかもしれません。

低金利ローンのデメリット

逆に、低金利ローンに借り換えることのデメリットにはどんなことが考えられるのでしょうか?

審査に通らない可能性がある

審査に通らなければ借り換えはできません。借り換えの審査は通常の審査より厳しくなる傾向があります。

そもそも無担保での借り入れは、利息が低いほど審査が厳しくなる傾向があります。ローン会社側は返済不能のリスクを利息を上げることでカバーしているからです。

借り換えの場合、既に借金がある方が対象なので、通常の借り入れ以上に審査が厳しくなるのです。

一気に申し込むと「申し込みブラック」になる可能性がある

審査が不安でいっぺんに何社も申し込むと、「申し込みブラック」になる可能性があるため注意しましょう。

審査の申し込みをしたことは信用情報機関に登録されて情報共有されています。審査時に他の金融機関に何社も審査をかけていることがわかると、返済能力を不安視される可能性もあるからです。

低金利ローンへの借り換えが向いている人

低金利ローンへの借り換えが向いているのは、以下のような方です。

  • 1社の消費者金融、もしくはリボ払いの利用をしている
  • 借入先が消費者金融や利便性の低いクレジットカード

現在の借入件数が少ないか、もしくは1社のみの方で、その借入先が消費者金融などの場合には、低金利ローンへの借り換えが効果的です。

ローン借り換えシミュレーション | お取引シミュレーション | 一般社団法人 全国銀行協会

②おまとめローン

利息の低い銀行系のローンなどからの新たな借り入れで、現在の各債権者に全額返済することで返済先を1か所にまとめることを「おまとめローン」といいます。

おまとめローンの目的は、返済を一本化して管理をしやすくし、利息を下げて返済額を減らすことです。

おまとめローンの実態は借り換えなので、ブラックリストに載ることもありません。

おまとめローンのメリット

毎月の返済が1社になるため管理がしやすいことが魅力なおまとめローンですが、そのほかにも以下のようなメリットがあります。

利息が減る

より利息が低い金融機関を探してローンを組み替えることができます。特に現在消費者金融からの借り入れは利息が高いため、ローン審査に通れば利息を下げることができます。

おまとめローンの利息の一例
金融機関 年利
ろうきん(中央労働金庫の場合) 5.825%〜7.500%
イオン銀行 イオンアシストプラン 3.8%~13.5%
東京スター銀行 9.8%・12.5%・14.6%
auじぶん銀行 0.98%~12.5%
レイクALSA 6.0%~17.5%
プロミス 6.3%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18%
支払い総額が減る

利息が低くなると、その分支払総額を減らせます。ただし、返済月額を低くするために返済回数を延ばすとその分利息もかかるので注意が必要です。

以下は、消費者金融から100万円を借り、36回払い(3年)で返済した場合と、おまとめローンにして返済した場合の比較です。

100万円を36回払いで返済した場合
借入の種類 利息 返済月額 返済総額 うち利息
消費者金融 18% 36,152 円 1,301,472 円 301,472 円
おまとめローン 実質年率1.7%~13.8% 29,000円 1,030,000円 30,000円

おまとめローンのシミュレーションで最も支払総額が少なかったきらぼし銀行web完結型フリーローンでの試算額

おまとめローンのデメリット

このように、おまとめローンには利息を下げて返済総額を減らす効果があります。しかし、以下のようなデメリットもあります。

乗り換えの審査が厳しい

おまとめローンの審査は、通常の新規申し込みより審査が厳しくなる傾向があります。低金利ローンへの乗り換えよりもさらに厳しくなるかもしれません。

理由として、以下の2点が考えられます。

  • 新規借り入れと比べて借入額が多額になりやすい
  • 既に借金の返済が厳しくなっている債務者だから

そもそも申し込む側が多重債務者で、返済に困っておまとめローンを利用するため、返済能力が低いことが予想されるからです。

比較的審査の通りやすいローンを狙って申し込みをすることで、審査は通りやすくなるかもしれません。

【審査難易度順】
1.ろうきん、農協系ローン
2.銀行、信用金庫系ローン
3.大手消費者金融系ローン
4.中小消費者金融系ローン
利息が低い債権者があると効果が薄い

現在の借り入れが銀行ローンや有担保ローンで利息が低い場合には、おまとめローンにしてもほとんど変わらないでしょう。かえって利息が高くなってしまう可能性もあります。

おまとめローンが向いている人

以上を踏まえ、おまとめローンが向いている人は以下のような方です。

  • リボ払いや消費者金融など、利息が高い借入先が多い方
  • 延滞や滞納回数が少ない、もしくは延滞したことがない方

おまとめローンは利息を低くして返済総額を減らすためのものです。現在利息が高い借入先が多いなら、返済負担の軽減に効果的な方法だといえます。

ただし、審査が厳しいというデメリットがあります。なるべく事故記録の少ない方が審査に通りやすくなるため、延滞には注意しましょう。

③任意整理(債務整理)

借金を減らす方法の3つめは、任意整理をおこなうことです。

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼しておこなう「債務整理」の一種で、弁護士などがあなたの代わりに債権者と交渉し、利息カットや遅延損害金免除を目指す方法です。

任意整理のメリット

任意整理では、法律の専門家が債権者と交渉するため、自分で交渉をするより大きな譲歩が期待できます。

遅延損害金や将来利息がカットできる

弁護士や司法書士があなたを代理して債権者と交渉することで、今までの取引で発生した遅延損害金を免除したり、将来利息をカットしたりできます。

以下の表は、100万円を3年36回払いで返済した場合の比較です。

00万円を36回払いで返済した場合
利息 返済月額 返済総額 うち利息
利息18% 36,152 円 1,301,472 円 301,472 円
利息0% 27,777円 1,000,000円 0円

現在消費者金融などの高い利息で取引をしているなら、利息なし・元本のみの返済になることで、返済負担をかなり軽減できるでしょう。

完済までの期間の目処がたつ(3〜5年)

任意整理の分割弁済は、通常3年から5年以内です。債務を36回~60回以内で返済できるまで減額することを目指します。

将来利息がかからないので、あと何回で完済になるか簡単に計算することができ、完済までの目途が立つでしょう。

自分の債務を任意整理したらどのくらい減るのか、一度シミュレーションしてみましょう。

任意整理のデメリット

利息や遅延損害金をカットできる任意整理ですが、その分デメリットもあります。

信用情報にキズがつく

最大のデメリットは、信用情報機関に任意整理をおこなった記録が登録されてしまうことでしょう。いわゆる「ブラックリストに載る」状態です。

任意整理をおこなうと、弁護士が受任した時点で事故記録が登録されます。その後、再度分割弁済の和解を締結し、それを完済した時点から3年~5年程度経つと、事故記録は削除されます。

ブラックリストに載っているときは、新しくローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできなくなります。

借金の整理を本格的に考え始めるべきタイミングは?

借金の整理は、早ければ早いほどいいでしょう。真剣に考え始めるタイミングは、返済が滞るかもしれないと自覚し始めたころで
以下の状態は、将来的に滞納が発生する可能性の高いものの代表例です。いずれの状態も、長引けば返済不能に陥る可能性が高くなります。

借金総額が年収の1/3を超えている

無担保ローンの借金総額が年収の3分の1を超えたら要注意です。特に返済が自転車操業になっている方はすぐに返済不能になってしまうでしょう。

貸金業法では「総量規制」を設けており、年収の3分の1を超える貸し付けは債務者の返済能力を超えるため「過剰融資」となり、禁止されています。

借り入れが年収の3分の1を超えると、他社からの借り入れができなくなるのです。返済のために借り入れをしている場合、翌月の返済も滞るかもしれません。

なお、総量規制の3分の1には、住宅ローンなどの有担保ローンはや、銀行のローンは含みません。

多重債務状態に陥っている

既に3社以上から借り入れをしている方も、本格的に債務整理を検討しましょう。

日本信用情報機構(JICC)の調査によると、無担保ローンが3社を超える方の人数は、全体の8分の1程度です。8分の7の方は借入先は3社以下で、借入残高の平均は、急激に上がっています。

債権者は数が増えるほど返済が難しくなるからです。

残高がある物の借り入れ件数ごとの登録状況(無担保・無保証)2022年1月集計
借り入れ件数 登録人数 一人当たりの平均残高
1件借入 642.3万人 39.6万円
3件借入 79.7万人 94.9万円
5件以上借入 9.6万人 142.6万円
登録者全員 976.7万人 54.4万円

「統計情報 日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関」より

借金を借金で返済している

毎月の返済が自分の収入だけでは賄えず、返済をするために新たに借り入れをする自転車操業状態なら、本格的に債務整理を検討しましょう。

返済できない借金を新たな借金で補えば借金が増えるばかりです。すぐに借り入れ総額が年収の3分の1を超えて、新たな貸し付けを受けられなくなります。

利息の返済でいっぱいで元金が減ってない

利息が高すぎて、毎月の返済が利息へ充当されてしまい、遅々として元金が減っていないと気づいたら、債務整理を検討しましょう。

このまま返済を続けても、元金は減らないでしょう。

このような方ほど、利息をカットする効果を感じられるでしょう。

借金をこれ以上増やさないために身につけたい習慣

借金をこれ以上繰り返さないためには、借金体質の改善が必要です。日ごろの習慣から変えていく必要があります。

最初は少し大変ですが、借金を増やさないために習慣化させましょう。

手元にあるお金で買えない物はぜいたく品と認識する

今ある蓄えで支払えないのなら、それは今買うべきではないものです。借金してまで購入するのはやめましょう。

特に携帯電話や自動車などは、「どうしても必要だから」という理由で最新性能や好みを上乗せして購入しがちです。

どうしても必要なものなら、必要な機能を備えていることや、コストパフォーマンスがいいことなどを基準に選びましょう。

分割払い・リボ払いは利用しない

いっそクレジットカードを使わない生活を試みるのもいいでしょう。クレジットカードは便利な反面、使い方を間違うと返済不能に陥ります。

特にリボ払いは、うまく使いこなせる人などほとんどいない返済方法です。

  • 財布の中に入っている現金だけで生活する
  • 毎月の予算を電子マネーに入れて生活する

など、実際に使える金額を決めて使う練習をしてみましょう。

家計管理を始める(収入と支出の把握)

今はスマートフォンひとつで簡単に家計管理できます。家計簿アプリを使えば、自分がどこにどれだけ使っているのか簡単に把握できます。

家計簿がどうしても続かない方は、アプリの機能を使って上手に家計管理を始めましょう。

返済資金の確保が最優先

最優先に確保すべきは返済資金です。

毎月の収入の中から、まずは返済資金を分けて予算を立てましょう。返済資金分だけ給料が安くなったと仮定して生活すれば、返済資金が足りずに新たに借り入れをしなくて済むでしょう。

返済の優先順位は利息の高い順から

借金は、利息の高い借金から返済していくのが基本です。

よく、返済残高が大きいカーローンや住宅ローンから繰り上げ返済をする方がいます。しかし、担保のある長期ローンは利息が低く設定されています。

しかし、利息が1%未満の住宅ローンを繰り上げするより、18%の消費者金融ローンを繰り上げする方が効果的に総返済額を減らせるでしょう。

【利息の高い順】
消費者金融>リボ払い>銀行系カードローン>カーローン、有担保ローン>住宅ローン

負担になっている固定費は思い切って削る

固定費は毎月当たり前にかかってくるもので、仕方がないと思っていませんか?実は、節約するには固定費を見直すのが効果的です。

固定費の見直しは見直すのは面倒ですが、一度変えると何もしなくても継続的に節約できるからです。

  • 電気代
     電力自由化になっているので、見直していないなら見直す
  • 通信費
     携帯料金を大手キャリアから格安料金に見直す
     店舗ではなくネットで手続きできれば安くできる
  • サブスクリプション
     使っていないサブスクはないか?重複して契約していないか?
     アマゾンプライムとネットフリックス
     YouTubeプライム→家族会員にまとめる

収入の1割を目安に貯金を行う

どんなに苦しくても収入全部を使い切る生活は万が一に備えられません。

上記のような方法で借金体質を改善し、将来借金をしなくて済むよう、収入の1割でいいので貯蓄を始めましょう。

まとめ

借金を減らしたいと思ったら、以下の2点に注目し、現状を改善しましょう。

  • 利息に注目して返済方法を見直す
  • 借金体質を改善する

返済にまだ行き詰っていないうちなら、低金利ローンやおまとめローンに切り替え、既に返済のために借り入れをしているなら、弁護士に任意整理を相談しましょう。

同時に借金体質の改善も大切です。

本当に必要なものと欲しいものを分けて考える習慣を持ち、小さな節約よりも固定費を見直すことで、自然と貯金体質へ変わっていくでしょう。

無理なく借金を返済し、将来再び借金をしなくていいように、借金体質を変えていきましょう。

借金を減らす方法についてのQ&A

任意整理をすることにデメリットはありますか?

任意整理の最も大きなデメリットは、信用情報に事故記録が載り、5年程度は新たなローンを組んだりカードを使ったりできないことです。

ただし、任意整理をしなくても、返済が数回滞ればブラックリストに載ってしまうので、任意整理だけをことさらに避ける必要はありません。

おまとめローンのデメリットはありますか?

おまとめローンは、高利息の消費者金融からの借金が多い人には利息が低くなるメリットがあるが、低金利のローンが中心の場合は、逆に利息が高くなってしまう可能性もあります。
よく比較して選びましょう。

また、多額の資金をいっぺんに借りるため、審査は厳しい傾向があります。審査に通りやすくなるには、できるだけ滞納をしないことや、1社でも完済しておくことが大切です。

借金を整理した後、再び借金体質にならないためにはどうしたらいいですか?

借金の大きな理由は利息です。利息の高いところからは借りないことを徹底しましょう。また、借金しなければ買えないものはお金がたまるまで買わないことや、節約は固定費から見直すことなども意識するといいでしょう。

借金問題の関連記事
フリーター 借金返済

フリーターが返済困難な借金を完済する方法!弁護士に債務整理を依頼するべき状況と準備について解説

現在フリーターで借金を抱えてしまっている人は、返済に対する不安がとても大きいかと思います。 まず、誰にも頼らずに借金を返済しようと頑張ることは決して悪いことではありません。 しかし、無理な返済によって失う自分自身の時間や生活のことを今一度考…